top of page
  • hinamien

2023年 無肥料栽培ひなみ柿 草刈りと摘果

更新日:2023年9月6日

色々用事が重なり遅れに遅れた春の草刈り

まずハンマーナイフモアで縁取りのように草刈りをしていきます。

その後にフレームモアで塗り潰すように草刈りをしていきます。

やはり乗用の草刈りは身体がらくです。

今年は、草刈りが遅れたせいで、キジが巣を作り卵を産んでいました。

それに全く気づかないで草を買ってしまいました。

踏まないのは、よかったのですが、この後にトンビとカラスに見つかってしまいました。

整理落下も落ち着き摘果作業が始まりました。

摘果は、出来るだけ大きく、綺麗なものを3〜4枝に1個になるようにします。

摘果する柿は、

1、四角でない規格外のもの

2、虫食いや枝擦れのあるもの

3、枝の間で柿が大きくなると挟まれるもの

4、ひと枝にいい柿が複数ある場合出来るだけ大きく枝先に近いのを選びます。


こんな感じでどんどん摘果していきます。



陽菜実園では、栽培した農作物や自社で加工した加工品を販売しています、よかったらのぞいてみてください。






Comments


bottom of page