• hinamien

柿の長梢剪定

更新日:2021年9月30日

陽菜実園の実践するDOHO STYLEは、石川県の農業指導員に「究極の長梢剪定」と言われています。


上向きの枝を切り返す事なく残します。

そうする事で、元気な柿がなり、収穫時期になると下に垂れて収穫しやすくなります。


斜め45度にした方が木は元気になるのだけど、枝の数が多いので、最低限地面につかないようにして諦めてます。

しかしいい事もあって、植物ホルモンのオーキシンが実に貯まって美味しくなるのです。

陽菜実園のHPはこちらから

ブログで農園の事、能登の事、私自身の事を日々書いています。

よかったら覗いてみてください。